家計のやりくりを上手にこなす、節約主婦のためのクレジットカードガイド

主に楽天カードをご紹介しています。

     

公共料金をクレジットカードで払いましょう!

え?クレジットカードで?と思う方もいるかもしれません。

公共料金とは、電気代、ガス代(灯油代含む)、水道代のことですが、その他にも家賃や携帯代、いう毎月必ずでていく出費をただ払うだけじゃなくポイントとして還元してしまうのです。 クレジットカード会社には色々なポイント還元システムがありますが、公共料金や、日常の生活費などのお会計もクレジットカードで済ませると自動的にポイントがたまるシステムになるのです。

貯まったポイントは会社にもよりますが、カタログから商品を選んで交換したり、ギフトカードにしてお好きな商品を購入したり、マイレージにして旅行したりする事が出来るからです。 毎月の公共料金をクレジットカード払いに変えるだけでポイントが勝手に貯まっていくのはいいですよね。 公共料金の口座振替も現金払いも、毎月使用した分の代金をそのまま支払ってそれで終わりではなくポイントをためてみてはいかがでしょうか?そんな私が一番おススメなのは、楽天カードです。

楽天カードは申し込みが大変人気があるカードです。

楽天カードを作ると

楽天市場でのお買い物100円ごとに1ポイント(1%還元)が付与されます。決済方法を楽天カードに変えた場合、倍の100円=2ポイントが貯まります。また、頻繁にポイント倍数のキャンペーンや、楽天会員カード限定キャンペーンなどもあり、参加すれば還元率5%になったりもするので持っていて損はないカードだと思います。 楽天カードは年会費も永久無料なのでカード料金をとられる事はありません。

クレジットカードを作るにあたり、クレジットカード会社が最も重要視する3つを皆様はご存知でしょうか?それは、「安定した収入」「返済能力」「明確な居場所確認」だそうです。明確な居場所確認は夜逃げの心配が無いかどうかなどが見極めの基準に入るからだそうです。こうした、審査結果の他、過去の支払い履歴や借り入れ状況なども調べます。クレジットカード会社は、必ず個人信用情報センターという中立機関に照会を行います。現在この個人信用情報センターは3つの機関があり、そこで銀行、クレジットカード会社、消費者金融から利用者の履歴が集まり保管、更新されています。

個人信用情報センターに登録されている情報は、クレジットポートという形で利用者自身も確認する事が出来ますので、具体的な方法に関しては、個人信用情報センターを検索して自身が知りたいサイトから詳細を見るといいと思います。 こうした審査を通った方がクレジットカードを持てるという事になりますが、自営業の方などでも持つ事が出来ますので詳しい内容は楽天カードのサイトをご覧になるといいと思います。 楽天カードは学生でも作れるので、比較的審査が緩いと言われています。ですが、ポイント還元率は凄く多いのでかしこく使うには最適なカードです。
     

楽天は主婦の強い味方!

クレジットカード関連情報

クレジットカードを作るときの基準
クレジットカードがあると何が便利なの?
審査をするとき、お客様を評価するシート

IP分散